スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開直前!ヒット祈願&開運祈願イベント開催!

いよいよ公開直前!
増上寺 安国殿にてヒット祈願&開運祈願、ミニ会見を行いました。


<ヒット祈願&開運祈願イベント 詳細>
【日程】11月20日(木) 
【出席者】 高橋真麻さん、バイきんぐ(小峠英二さん・西村瑞樹さん)
【場所】増上寺 安国殿

1120_2.jpg


MC:本日はヒット&開運祈願イベントにお集まりいただき、ありがとうございます。

西村さん:進行をつとめさせていただきます、「孫悟空」に扮したバイきんぐの西村瑞樹です。お笑いだけでなく司会業だけでも生計が立てられるように今回この映画の司会に立候補しました!相方の方が仕事多くって・・・よろしくお願いします。

MC:西村さん、本作の感想はいかがでしたか?

西村さん:面白かったです!個性豊かなキャラクターも登場しますし、とんでもねー!エンターテイメントですよ!
今後のネタ作りの参考にしたいなぁと。僕がネタ作りしてるんじゃないんですけどね。僕の提案率は0.2くらいで。(笑)

MC:ありがとうございます。それでは早速ゲストの方をお呼びします。
先ほどご祈祷をうけられた高橋真麻さんです!

高橋さん:よろしくお願いします。こういう場所だと大きな声が出せないですね。(笑)
祈祷も初めてで緊張しましたし、「所作合ってるかな・・・」てわかんなくなっちゃいました。
この映画はとにかくスケールが大きくてとんでもない作品でした。「西遊記」の物語の前にこんなストーリーがあったのかと、クリエイティブ力がすごいですよね!ストーリー性もありますし、見所がいっぱいです!
ネタばれになってしまうかもしれませんが、ブタの店のシーンで、お客が歌え踊れと騒いでいるように見えて、実は血まみれで死んでいるシーンが好きですね。

MC:ではここで、先ほど御祈願法要していただきました増上寺の導師様にお越し頂きます。増上寺の山﨑東海様です。

<式衆の皆さんの中にバイきんぐの小峠さんが紛れている>

山﨑さん:よろしくお願いします。

西村さん:先ほどのご祈祷はどのようなものだったのか教えていただいてもよろしいでしょうか?

山﨑さん:先ほどの祈祷は映画のヒットと高橋真麻さんの開運を祈願したものです。

ご祈願法要が行われる「安国殿」のご本尊が「黒本尊阿弥陀如来」と申します。徳川家康公の念持仏(常に携行しお念仏を捧げる御本尊)であり平素より「勝運(かちうん・しょううん)の仏様」として、お念仏や御祈願を捧げておりますので、今回の「ヒット祈願」「開運」とも通ずるところがあると思います。

高橋さん:効きそうだなと思いましたし、お香もたかれていて清められた気がしました。

西村さん:ありがたいご祈祷ですね。ヒットと開運間違い無しだと思います。では御祈祷の説明も終了しましたので、ここからはマスコミの質疑応答を…

<小峠さんが割り込んでくる>

小峠さん:おい!おい!これだけで終われない!(ものすごい大声)
俺が入ってきても特に沸きもせず、淡々と淡々と進んで!

西村さん:とっても馴染んでたんで、誰も気づかないかなと。

小峠さん:どうせ俺がキャスティングされたのは頭皮だろ!今月2回目ですよ、袈裟着るの!さっき真麻さんとすれ違ったんですけど、全然気づいてもらえなかったんですよ。

MC:それでは改めてご紹介いたしましょう。バイきんぐの小峠 英二さんです。
本当に馴染んでいましたね。

小峠さん:馴染んでないでしょ!馴染ませられたんですよ!!
僕の登場が気づかれないなんて「なんて日だ!」。
…もう誰も笑ってないじゃないすか。やれと言われればやりますけど、誰も笑わない!

<マスコミ陣大爆笑>

西村さん:なんでお坊さんの恰好で来たの?女性関係で出家したとか?

小峠さん:真麻さんの開運を願って話しをしにきたんですよ!なんで女性のために頭丸めるんだよ!そんな文化日本にはないでしょうよ!

いいですか?
『西遊記 はじまりのはじまり』で、後の三蔵法師となる玄奘は仏門の教えに従い、妖怪たちを滅さず善の心を取り戻そうとする妖怪ハンター。いろんな辛いことがあっても仏を信じ、女性からも恋心を抱かれますが、玄奘は“大いなる愛”を求め拒否し続けるんです。そしてその大事な人を亡くした時に気付くのです!大きな愛も、小さな愛も、愛に大小はないのだと!そして失って初めて愛の大事な真理を悟るのです!!!!

西村さん:さすがですね!よく台本通りに言えましたね~。(笑)

高橋さん:愛って大きいも小さいも関係ないし、人によって異なりますし計れるものじゃないですよね。愛情が芽生えるってことがすばらしいことだと思います。幸いにも家族愛には恵まれているんですけど、多くを占めすぎてしまっているみだいで・・・

小峠さん:真麻さんは魅力的ですから!たまたま今、出会いがないだけですよ。仏の力を信じてください!

MC:最後に小峠さん何か言い残したことはないですか?

小峠さん:ないですよ。(笑)ないですけど…映画のヒットも間違いなしです!「とんでもねー日だ!!」。

(残念ながら笑いが起きず盛り上がらない)

MC:映画のキャッチでもあるとんでもねー!を使っていただきありがとうござます。
それでは、ここからはマスコミの方の質疑応答に移らさせていただきたいと思います。

Q.クリスマスの予定は?

高橋さん:ないですね。でも友達と一緒にボランティアに参加するかもしれません。仕事が入ればもちろん仕事ですが、恋人同士でディナーとかはもういいかなって。

小峠さん:仕事ですよ!1日中ギッチギチに予定入ってます。イヴもクリスマスも電波の届かない海にいます。すいませんね。(笑)

Q.小峠さん、坂口さんとは進展ないんですか?

小峠さん:ないですね。2週間くらいに食事に行ってそれから会ってないです。現段階では何とも言えないですよね。会っていませんし、結婚も焦ってはないですね。

Q.にえきらない小峠さんに高橋さん何かアドバイスはありますか?

高橋さん:裏でも優しい方だなぁと思いましたね。2世タレントには優しいんだなぁて思います。(笑)私自身、前回の恋愛で深く傷ついたんです。だからもしうまくいかなくても相手の人が傷つかない恋愛をしてほしいですね。

MC:最後に本作について一言づついただけますでしょうか?

小峠さん:始めから面白い作品で、スピード感もあります!家族や恋人、友達、誰と見ても満足できると思います。もし続編があるなら、出たいです!ノーメイクで妖怪役ができると思いますし。(笑)

西村さん:大人から子供まで楽しめるエンターテイメント作品です!

高橋さん:スケールが大きくて、正統なユーモアもあればブラックユーモアもある作品です。恋愛要素もありますし、恋愛で追いかけるタイプの女性は自分を投影できるかもしれませんね。いろんな楽しみ方ができる映画です。是非、家族や友人、恋人と一緒にご覧ください。

MC:ありがとうございました!!

1120_1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。