スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤工さんと貫地谷しほりさん、とんでもねー!!アフレコ初体験!

10月13日(月・祝)、主人公の妖怪ハンター・玄奘の声優を務める斎藤工さん、そして女妖怪ハンター・段の声優である貫地谷しほりさんのアフレコ&囲み取材を実施しました。
斎藤さん、貫地谷さん共に映画吹替初となります!

1013_1.jpg


【公開アフレコ 概要】
日程: 10月13日(月・祝)  
場所: WINK2 代々木公園スタジオ
登壇者:斎藤工さん・玄奘役、貫地谷しほりさん・段役


山寺宏一さん、神谷浩史さん、田中真弓さん、野沢雅子さんそうそうたる声優陣に引けを取らない堂々とした吹き替えを披露し、関係者からは「二人ともとても初めてとは思えない」と賞賛の声が上がっています。

【Q&A】
Q:初めての実写映画アフレコとのことでしたけどいかがでしたか??
斎藤:感情をオーバーに表現して普段出さない声をだしたので発散になりました。
野沢雅子さんら、プロの声優さんの声が先に入っているものに後から声を入れたのでここでこのくらい声を張らなきゃいけないんだとかすごく勉強になりました。
貫地谷:叫んだり、大声を出したり楽しかったです。長いお話を決められた時間の中で録るので体力が必要でした。

Q:お二人はどのような役柄を演じているのですか?
斎藤:三蔵法師になる前の妖怪ハンター役です。
実際の自分も自堕落な生活を送っているので、三枚目のキャラクターが合っていると思います。
玄奘は当時でも時代遅れな“わらべ歌”で妖怪を退治する泥臭いやつなんですよ。
僕もアナログなところがあって、音楽ソフトのアップデートが上手くできなかったり、ガス代を引き落としにしていなかったら止められちゃったりしたことがあって。
貫地谷:いやいや斎藤さん二枚目じゃないですか(笑)。私の役は強い女妖怪ハンターで頼りない玄奘に恋をするという役です。強いところに共感ができました。

Q:貫地谷さん演じる段が斎藤さん演じる玄奘に迫るシーンがありましたが、実際に異性から迫られたらどうなりますか??
斎藤:それは相手によるんじゃないですか(笑)。迫られるよりこっちからせめたいですね。
貫地谷:わたしは劇中の立場とは違って迫られたいです(笑)。

Q:貫地谷さんは先ほどアフレコのシーンで「いくじなし!能無し!」など口汚く罵るシーンがありましたが抵抗はありませんでしたか?
貫地谷:他人にはないですけど、自分に対して使うことはありますね。最近だとチョコレート豆乳を白いソファにこぼしてしまったので、自分に「バカ!!」と言ってしまいました。

Q:最後に映画のPRをお願いいたします。
斎藤:オリジナルの字幕版でご覧になる方もいらっしゃると思いますが、魂を込めて臨んだ吹替え版も、楽しみにしてもらえればと思います。劇場体験をしないと損をする作品だと思いますので、ぜひ劇場でご覧ください!
貫地谷:斎藤さんとは演劇研究所時代からの知り合いで、こうして今二人で囲み取材を受けているのが不思議な感じです。大好きなチャウ・シンチー監督の作品で初めての吹替えという機会を与えていただきありがとうございました。

1013_2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。